株式会社青木製作所

技術情報

技術情報Technology

先を見抜き、先に備える力

「今のままでいいのか?」「自前の技術は将来も通用するのか?」…青木製作所は常に現状への懐疑を忘れることなく、将来に備える研究開発を持続しています。

そんな卓越した先見性は、青木製作所ならではの独自のバックグランドから導き出されたものです。そのひとつが、技術の継承と革新。創業時からの高度な加工技術を磨き続けると同時に、新しい技術の開発も忘れない姿勢です。

また、当社が危機的状況のなかで打ち出した「依頼案件は断らない」というスタンスも将来への布石となっています。「お客様のニーズに応える」というビジネスの初歩的な課題をクリアしない限り、当社の将来はあり得ません。

そういう意味では、スピード力の持続も当社に課されたテーマ。現在でも短納期が要求される案件が多いため、さらなる加速が要求されるであろう将来への備えは欠かせません。

  1. 技術継承と革新の掛け算
  2. 仕事を断らない信念
  3. スピードアップへの挑戦

「1000分の2ミリ」と「1000分の5ミリ」の
違いが分かる職人技

部品加工の現場では先端の機器やプログラムをいち早く導入して、精確で迅速な作業を進めています。しかし、そこにはやはり多様な条件が重なり合う状況を一瞬のうちに判断し、作業を管理していく「人間の技」も欠かせません。つまり、現場では「ハード × ソフト × 人間」という三者の相乗効果が生まれていて、そのなかの一つが欠けても青木製作所の技術は成立しないのです。

三者のなかで中核をなす「私たち社員の技」は、創業時から継承されてきた独自の技術に育まれています。ただし、当社を起こした現会長の技にはまだまだ及びません。会長は指先で触れただけで、「1000分の2ミリ」と「1000分の5ミリ」の違いを察するのですから…。私たちにとっては神業以外なにものでもありませんが、その領域に達するまで鍛錬していかなくては青木製作所の将来を背負うことはできないと思っています。

機械設備一覧

本社、高田工場、THAI AOKIに導入している設備をご紹介します。

機械設備一覧