株式会社青木製作所

会社概要

会社概要Company Overview

技術力向上のために。
私たちは継承と革新を絶やしません

青木製作所は、自動車メーカーの機械を修理・オーバーホールする工場として産声を上げました。
以来、部品加工という新しいジャンルにも挑戦しながら次々に事業を拡大し続けています。
こうして新分野での成功を体現できるのも、創業時から大切に引き継いできた技術があるからこそ。
私たちは常に先を見抜き、先に備えるために、絶えず「技術の継承と革新」に取り組んでいます。

経営方針

1. 私たちを取り囲む全ての人々を幸せにする事を全ての判断基準にする。

1. 最高の品質、最短の納期の為に日夜全力を尽くし顧客の想像を超える。

1. 地域社会に貢献し、社会人としての人格の向上を常に図る。

経営方針に基づき、経営目標を設定、展開、見直す枠組みを確立し、経営管理システムの有効性の継続的改善を推進する。

サービス

お客様の「困った」に全力でお応えする。青木製作所は、お客様第一主義を貫徹するために、「依頼された仕事は断らない」というスタンスを敢行しています。この姿勢を絶やさないことで、多方面から喜びの声をいただいています。

設計自動車製造ラインのほか、自動車・航空・製罐メーカーなどが使用する部品や治具、工具の設計。
加工自動車・航空・製罐メーカーなどが使用する部品や治具、工具の金属加工。
メンテナンス自動車・航空・製罐メーカーなどが使用する部品や治具、工具のメンテナンス。
定期修理、緊急修理のいずれにも対応。

協力会社の業務

青木製作所は、外部の会社との絆を非常に重要だと考えています。「下請け」ではなく、「協力し合うパートナー」という位置づけ。したがって、こちらがもつ技術的なデータなどはすべて公開し、共に成長し共に繁栄できる道を歩んでいます。協力会社は約50社(2018年3月末現在)。可能な限り、ロットが多いものや、技術的に容易で手離れが早いものを依頼するように工夫しています。

設計自動車製造ラインのほか、自動車・航空・製罐メーカーなどが使用する部品や治具、工具の設計。
加工自動車・航空・製罐メーカーなどが使用する部品や治具、工具の金属加工。
メンテナンス自動車・航空・製罐メーカーなどが使用する部品や治具、工具のメンテナンス。
定期修理、緊急修理のいずれにも対応。

会社概要

代表者代表取締役 青木圭太
所在地〒321-4367 栃木県真岡市鬼怒ヶ丘1丁目15番地10
連絡先Tel: 0285-80-1361 Fax: 0285-82-1053
E-mail: info@aoki-seisakusyo.co.jp
設立1995(平成7)年12月
資本金4,000万円
取引銀行商工中金宇都宮支店
日本政策金融公庫宇都宮支店
足利銀行久下田支店
栃木銀行真岡支店
常陽銀行真岡支店
従業員数90名
主要取引先
(順不同)
株式会社進和、大和製罐株式会社、ホンダエンジニアリング株式会社、本田技研工業株式会社、三和テッキ株式会社、日立金属工具鋼株式会社、株式会社TAIYO
業務内容単品部品加工、治工具などの設計・製作・組立、機械修理ほか